maoさん(42.個人事業主)

A1
保険の代理店、フリーのリサイクルアドバイザー、不動産仲介など幅広くやってます。
もともとは武道具屋をやっていて、そのてにと知り合いの関係でリサイクルアドバイザーや貴金属取り扱いにも活動の幅を広げた。アクサ生命で1年働いていました。

A2
雇われのままだと手を抜いてしまう環境に不安を感じて、フリーでやっていこうと思いました。

A3
独立後のほうが厳しくなると思っていたが、比較的順風満帆にきていると思います。

A4
個々の業務の連携を図り、コンシェルジュ化していきたいです。賛同者でチームをつくってよりおおきな連携にしていき、マッチングを精度化していきたいです。

A5学生に戻るなら、政治家になりたいです。

A6
お金は手段です。お金がないと何も出来ないし、いろんな価値や経験と交換できます。

A7
今の流れにのりつづけたいですね。尊敬する人は、舞鶴のレストランで働くシェフの糸井さん。伊勢観光ホテルで長年シェフをしていたが、障害者福祉のためのレストランをオープンする話が持ち上がったとき、自らそこのシェフを希望して、障害者の方の社会への受け皿のひとつとしてレストランをしている方。
A8

A9
仕事は、手段でもあり趣味のひとつでもあります。仕事の中に楽しみを見出すことができると、もっともっと仕事が楽しくなっていきますね。

K・K(27、登山家・医大生)

K・K(27、医大生、登山家)

A1
登山家でもあり、医大生でもある。医大入学時から登山を始めた。

A2
山岳部入部がきっかけです。昔から山スキーをやっていて、山スキーやりたくて山岳部に入部したが、沢登りきはまりました。水を求めて集まる小動物を見たり自然に触れるのが楽しくて、どんどん険しい辺境に行くようになりました。

A3
誰も知らないところで新たな発見をするのが楽しいですが、ネット社会で、意外と「未踏の地」を見つけるのが大変になりました。「みんなが登るところは当然登っておく」必要を知りました。
A4
登山家は、医師になった後も続けていきたいでふね。趣味として続けて、医師をメインにしながら、生活のためではなく楽しむために山に挑みたいです。

A5
サーファーや釣り人、棋士になりたいです。リアルに身体で味わえる体験をしていきたいですね。

A6
お金はあったほうがいい。無いと何もできないですからね。

A7
いつまでも山登りには挑み続けたいです。なにか自分から発信していくことを続けていれたらいいですね。それまでに、人生の中でさまざまな体験をし続けたいです。
国や場所によって、岩の種類も自然のあり方もすべてが違います。日本の中だけ見ても、狭いようであらゆるものが違うしいろんな面白いものがあるので、それらを極めていき続ける人生にしていきたいです。

A8
複数というか、ひとつのことにとらわれずにいろんな面を持つ自分でいたいです。
A9
仕事は、面白くて没頭できるもの、熱中できるもの、そしてできるだけ面白くて楽しいものであってほしいです。
A10
沢登り自体があまり知られていないので、世の中にもっと知って欲しいし、自分から発信もし続けたいです。

M・Tさん(23.製造業)

みよっしー

A1 製造業をしています。前は、声優を目指していた。絵の勉強もしています。

A2 今の仕事は、兄からの紹介で始めました。今の仕事に対しては、こだわりはありません。ギャップは、なんとなく人間関係が疎遠な気がします。

A3 1年後ぐらいには、趣味でやっている絵などで、出版をしたいです。

A4 学生に戻れたら、漫画家になりたいです。

A5 お金とは、入場料のようなものです。そこに行って、何かを得られるための手段です。

A6 40歳位になれば、家庭を持って、自分のやりたいことを思いっきりやりたいです。尊敬する人は、江頭さんです。自分のやりたいことに、一生懸命なところです。

A7いくつかの収入源については、今まさに考えています。身近な人でも何人かいます。

A8 仕事とは、自分と相手とのコミニケーションツールです。

自分の考えを知る良い機会になりました。

T・Hさん(車営業30)

A1車の営業をしています。大学を出てからずっとです。学生時代、マクドナルドやホテルのアルバイトをして、接客に興味をもち、営業をしたいと思いました。
いまは店頭営業もやれば、会社訪問もやります。

A2 女性の営業マンはいやだといわれたり、お茶くみと間違われたりするのが多くて悔しかったです。

A3 5年後には、仕事を頑張って女性店長を目指したいです。

A4 何でもできるなら営業がしたいです。その場限りではな、お客さんとずっとつながっていくような営業がしたいです。
学生に戻れるなら、メカニック系で整備士の勉強をしたいですね。

A5 お金は自分の欲を満たすために必要なものです。

A6 自分が好きな時に好きなことができるような感じで自由に生きていたいで。
尊敬するひとは、働いている職場の前の店長です。自分が病気になったときもすごく力になってくれました。

A7 二つの仕事をやってみたいとは思うけどまわりにはあまりいない。

A8 仕事は人生そのもの、日常の一部です。

A・Nさん(臨床心理士)

A1 フリーランスの臨床心理士です。香川の出身で、大学が埼玉。いまは六甲に住んでますを今六年目で、養護施設や児童相談所で働いてます。

A2 震災孤児のケアをする人を見て、興味を持ったのがきっかけです。

A3 思った以上に働きやすいと思ってます。

A4 ひとつのところにおちついて、やりがいもってできる仕事につきたいです。子供に指導することが面白いですね。

A5 バスケの選手になりたいです。バスケが好きだからです。

A6 お金は生きていく上で必要なものです。

A7 カウンセラーとしてベテランになっていきたいです。尊敬する人は、日本人でNBAに行った田臥勇太です。

A8 複数仕事をもつことは、悪いとはおもわないけど、できないなあと思っています。

A9仕事に面白みをもっているので、仕事は趣味のようになってます。

A10ストレスなく幸せな人生でいれてるなと思います。

N・Sさん(22 食品メーカー)

 

A1給食の委託事業です

A2 食品系で探していた。女性に優しい職場でもあり、転勤も少ないです。公務員家系なので、公務員以外で考えていた。人が好きだから営業に入った。

A3 まだ実際には営業の仕事を出来ていないです。

A4 プライベートでも仕事でもうまく気遣いができたり、人間関係をうまくつくっていける人になりたいです、

A5 経済力を持っていたいです。成功するなら飲食のオーナーになりたい。す

A6 お金は何でも買えるために必要なものです。なにかを手に入れる手段。

A7 社会的地位よりも家庭を持ち、時間に余裕のある暮らしがしたいです。尊敬する人は、まえは彼氏だったけどいまはいません。

A8 考えたことはあります。

A9 仕事はお金を稼ぐための手段です。

A10 自己分析ができました!

Sくん(23 大学院生)

〜ファッションについて
A1 よく行く店 藤井大丸

A2 好きなブランド
イブサンローラン

A3 今日のオシャレポイント
ジャスティン・ビーバーがよく履いているジーンズ

A4 ふだん気をつけていること
ジャンルを指定せずにカテゴリにとらわれない。

〜Qzing
A1
院に行くつもりはなかったが、就活のときに自己分析をしてみた。その時、幼少期に行った地球博のクリーンエネルギーに興味をもったことをおもいだして、核融合研究に進むことにした。

A2 研究者同士の人間関係を見ると、一生の人間関係としてはちょっとな、と思うのがギャップです。

A3
いまの研究対象であるエネルギ関連の会社に就職したり、なにかに皆で一丸となれるようなビッグプロジェクトに関わりたいと思っています。

A4 学生に戻れたら、医者になります。やりがいもあるし、経済的な面でも恵まれているからです。

A5 お金は手段です。お金がいくらでもあれば、世の中のいろんなことが解決できると思います。

A6 老後になっても健康でいたいです。尊敬する人はイチローです。なにか一つのことで成果を上げているところがすごいと思います。

A7 あまり複数仕事してる人はいないですが、株をやっている人はいます。

A8 仕事=人生にはならないようにしたいです。余暇で楽しむような(笑)

K・Kさん(23歳、建築関係)

A1 大学卒業して、社会人一年目。建築関係の商社で営業してます。たまに現場監督として働くこともあります。

A2 親戚に一級建築士の人がいたり、建築関係の仕事をしてる人が多く元々興味があって、ある時、実家をリノベーションした時に作り上げていく様子をみて、さらに影響を受けました。

A3 やっぱり拘束時間が長いですね。

A4 今の職場でスキルアップして役職を上げようと思ってます。直属の先輩の方針に不満を持ってるので、今後、後輩の育成環境の改善もしようと計画しています。

A5 弁護士です。元々大学で法学部を専攻していて、人のために働きたいと思ってたからです。ただ現実はそんなに甘くないですね。

A6 対価ですかね。何か貢献したことに対してもらえるものだと思います。

A7 今は全然想像がつかないですが、仕事もやりがいがあって、時間的にも自分の好きなことが出来る時間を作りたいです。

尊敬する人は哲学者のデカルトです。“われ思う、ゆえにわれあり”って言葉の解釈を今でも考えてます。

A8 FXとか株とかしてる人は周りにいます。

A9 法律的になってしまうんですが、義務。

A10 色々考えさせられました。普段考える時間がないので、いい機会になりました。

S、Tさん(彫刻家アシスタント、26歳)

A1 現代美術作品のアシスタントをそてます。

A2 もともと美術科のある高校を出て美大に行きました。バランス型にいろいろやるより、人と違うことがしたくて選びました。

A3 学生の頃からバイトしていたので違和感はないが、人間関係が煩わしいです。

A4 自分の作品で生活して海外で個展をしたいです。今の仕事でもできそうですが、若手作家とコラボ作品のようなものをつくってみたいです。

A5 相撲をみるのが好きなので、関取になりたいです。

A6 お金はあっても困らないものです。

A7 自由にいきれたらいいなあと思う。自分で自分のスポンサーになっていくような生き方がいいですね。尊敬するのは、「うる星やつら」の主人公の少年です。

A8 いくつかの収入源はもってて、周りにも多いです。

A9 仕事はやりたいことであり、趣味です。

A10 あまり聞かれたことがないことを話せて面白かったです。

Mさん(アパレル、23歳)

A1 1年目のアパレルです。コムサで働いてます。服も接客も好きだから始めました。

A2 接客が好きだったことと、よく知ってるブランドだったからコムサにしました。もともと日本文学や古典を専攻して勉強していたので、和テイストがコンセプトのブランドであることにも惹かれました。
A3 めっちゃタテ社会で、体育会系なところです!吹奏楽部でトロンボーンをやっていたので、上下関係には慣れていました。

A4 はじめは店長になりたいと思っていました。

A5 出版や教師など、なにかを発信する仕事がしたいです。
A6 お金より時間がほしいです。

A7 40歳にはいろんな場所に行って経験値を増やしたい。

A8 いくつか仕事をするのはすごいけど自分では考えたことがない。

A9 仕事は人と出会う場所です。

A10 幅広い考えかたがあるなあと思いました。

インタビューにご協力いただきありがとうございます☆